優秀な人が面接に呼ばれるという勘違い

書類の書き方をみて思うのは、

いかに自分が出来る人間なのか。

優秀な人材である。

という点を

非常に気にされ、意識し、書いてる方が

多くいらっしゃるということです。

勿論、

優秀さをアピールすることは、間違っていませんし、

誰もがそう書くと思います。

ただ、ここに落とし穴があります。

それは、

優秀な方が面接に呼ばれる

という勘違いです。

え!?優秀な方が面接に呼ばれるんでしょ!

と思われた方が多いと思いますが、

優秀な方ではありません。

では、どんな方がが面接に呼ばれるのか?

それは、

その求人にマッチした方が呼ばれる

ということです。

当たり前のことでしたね。。。

ただ、これが忘れがち。

自分の優秀さをアピールする、独りよがり

の書類が非常に多いということ。

求人にマッチした人

ということであれば、

動きが変わります。

その求人が求める人物像を把握しなくてはなりません。

どんな人が良いのか、何を求めているのか。

調査分析が必要なのです。

これを怠る方が実に多い。

調査分析方法については、またお話したいとおもいますが、

書類を書く際は、この点を意識し、

作成していくことをお勧めいたします。

独りよがりな書類になっていませんか!?