商法

以前の記事で、AKB48を応援していると書いた。

重ねて書くが別に熱狂的なファンというわけではない。

ただCDを借りて聴く程度のものである。

ささやかながら応援しているそんなAKBグループであるが、

そのCDやDVDなどの売り方に納得がいかない。

それはあえて買わずに借りている理由でもある。

まず販売するCDのほとんどが、

複数形態で売られている。

同じタイトルでも、

TypeA、TypeB

などとなっている。

収録されている曲は、

メインは同じだが昔で言うB面が違っていたりする。

これがアルバムになると、

通常盤と劇場盤があったりするし、

それぞれおおまかな収録曲は同じものの、

数曲は違う曲が収録されていたりする。

そして驚くことに、熱狂的なファンはすべての形態()のCDを購入する。

これはちょっと理解できない。

当然ながら売れるだけ売れるから、

ランキングも1位をほぼ間違いなく獲れる。

私のようなにわかファンには理解ができない世界なのだ。

そこまでして儲けたいのだろうか。

金の亡者と言われても文句は言えないだろう。

俗にAKB商法と言われている。

日本の、あまり外に知られたくない恥部だと思っているが、

歌って踊っている彼女達には関係ないと信じたい。

中にはオタクが金使ってCDとか買うから〜というメンバーもいないではないが。

乱文失礼。

広告を非表示にする