習慣で日常だった。

私は今まで会社や地域や人間関係や景気とか

色問題というかうーんとこれってどう取り組んで行くと

健やかになるのだろう

誰も悪くないし

どれも悪くない

ただ動きやシステムを変えればいいのではないか

というのをよく取り組んでは向上させたり

スムーズに稼働させるようにすることが

何かしら多かった。

一度そういう導線というか

私の造語だけどホワイトサイクル

光や愛や思いやりや勇気や好奇心を

責任や継続や守護や丁寧さなどの

どっしりしっかりした安定の上で

ワクワク本来のそれぞれの能力を最大限に生かした

環境や空間や人づくりというか育みを

念頭に置きながらあらゆるバージョンで

取り組んで来た気がする。

それはシステム化すれば

枯渇で怒るとか摩擦があるとか

そういう同じことまたしてるよね

という繰り返す負のサイクルに

支配されて束縛されているような感覚に蝕まれて

自由自在だったこと自分でどうにかできることを

みんなでどうにかすることも忘れてしまい

飲み込まれて勝手に奴隷化していくのを

防ぐことができるのではと。

私はこの世の中は光でエネルギーで情報で

それが原料が感情やラベルが付いていない愛だと感じてる。

ある時歩いていたら

本当にあー全て数字化できるし

パソコンのデータのようにシステム管理というか

ある法則の上に乗っ取って

廻りて巡っているのだなあと

感じたし

自分という存在も一体にそこに

組み込まれながらも

その上で心臓や血液は鼓動し脈を打つ。

そして私が心臓の鼓動を意識した時に

どっくんどっくんどっくん

とスローでいて大きなはっきりした音で

私にリアルに響き存在を示した。

そのあと私の意思で

その外のシステムのように流れるエネルギー情報を

触れてみたら

私の意思で動いた腕や指が

その流れるものを歪ませた。

そう自由に変えられるんだと思った。

もちろんある一定の法則に則った形でだけど。

だからシステムだなあーと思ってんだけど。

システムではなく習慣だというのを

聞いた時に

習慣という言葉がとっても内観的だなと感じたんだよね。

もっと自分の奥よりというか。

それでハッとした。

ああー習慣で日常だよ。

と。

自分の奥を変えればいいし日常で習慣として

組み込めばいいんだと。

すごく心がそうそう!と喜んでます。